Profile-プロフィール-

あさい正仁のプロフィールをご紹介いたします。

ASAI MASAHITO

名古屋市会議員

あさい 正仁

昭和39年11月14日生まれ

名古屋市立 荒子小学校卒業

名古屋市立 一柳中学校卒業

愛知高等学校卒業

愛知学院大学 法学部卒業

----------------------------------------

社会福祉法人 あさい福祉会 理事長

名古屋市会 経済水道委員会 委員

自民党名古屋市会議員団 幹事長

市民の命を守る防災の充実を!

災害対応力を強化し安心して住み続けられる街を目指します。

子どもたちにより良い環境を!

未来を担う子どもたちのための環境整備を行います。

税金のムダ使いは許さない!

皆さんの汗の結晶である大切なお金の使いみちを議会で厳しくチェックします。

ミドリムシを活用したバイオディーゼル燃料

名古屋は他の大都市と比較しても自動車への依存が高く、二酸化炭素の排出量削減は大きな課題となっています。こうした点から、令和4年3月9日に次低炭素社会の実現に向けて、次世代の技術開発に取り組むためにも、ミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料の活用について、実証実験をしてみてはどうか、と本会議で提言を行いました。その後、令和4年10月3日からごみ収集車で政令指定都市初となるバイオディーゼル燃料の試験使用が実現することとなりました。

スプレー缶の安全な捨て方への改善

名古屋市ではもともと、スプレー缶を捨てる際には穴をあけるように要請していました。しかし、ガス抜き作業中に誤って引火爆発するリスクがあることから、その危険性を平成27年6月に提言させていただき、穴あけ不要となりました。その後、平成30年に北海道で、スプレー缶を捨てるための穴あけ作業中に引火爆発する事故が実際に起こっています。スプレー缶の危険性を事前に察知し、皆さまの安全を先取りできて本当に良かったと感じています。

同伴幼児の地下鉄・市バスの割引拡大

名古屋市バスと地下鉄では、同伴幼児は大人1人につき幼児2人まで無料となっていました。子育て支援の観点から2人に限らず、無料とする範囲を広げてはどうかと交通局に提案し、平成30年5月から「保護者同伴の幼児は4人まで乗車無料」を実現しました。

市立小学校牛乳用調味料の導入

名古屋市内の小学校では牛乳が年間174トン、中学校では158トンの牛乳が飲まれずに捨てられています。その金額は、小学校で年間約4300万円、中学校では年間約4000万円。食料資源の無駄遣いだけでなく、金額的にも大きな損失です。しかし、神戸市ではすべての学校で、仙台市、さいたま市、千葉市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市では一部の学校で牛乳調味料、いわゆる「ミルメーク」を導入して牛乳の飲みのこし減少に貢献しているという事実があります。そこで、名古屋市でも牛乳調味料の導入を提案し、実際に令和元年12月に名古屋市の小学校で導入されました。